HOME
車の買取の基礎知識
車を買取査定に出すときに必要な基礎知識を説明します。まずは、車をどこに売るのかです。一般的にはディーラーに下取りにだしたり、買取専門店に売ったりだと思いますが、他にも、知人や友人、オークションサイトに出品するということもあるでしょう。

車を買取査定にだす先を決めます。それから、ディーラーや買取専門店では査定があります。大抵の人が少しでも高く買取って欲しいと考えるかと思いますが、車査定相場は変動するということを覚えておくといいでしょう。

人気の車種が高いのは当たり前かもしれませんが、人気がでる時期というのもあります。高く車を買取に出すためには時期を逃さないことが一番です。そして、査定の基準になる項目があります。車種、グレード、車体の色、年式、走行距離、車の状態、オプションの有無(純正かどうか)、修復歴、市場の人気が主な基準です。

そして、もしも買取にだす車が2005年1月1日以降に購入した新車であるなら「自動車リサイクル券」があるはずなので、用意しておくと査定が上がります。その後、契約が成立したならば揃えなければならない必要書類があります。「自動車車検証」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」になりますが、これらはだいたい「車検証ケース」の中に入っているものです。

他には、「実印」と「印鑑登録証明書」を用意します。「印鑑登録証明書」は各市町村の役場で三か月以内に発行されたものになります。そして、「自動車運転免許証」です。実際に用意するのは「印鑑登録証明書」ということになります。以上が簡単ではありますが、車を買取に出すときの基礎知識になります。